3.11以降世界は変わった!(あれから何年経ちましたか?)
私が,このブログを止めてから早や5年の歳月が経過しました。まるでタイムスリップを経験したかのようです。それまでに「世相」の流れは何百倍速にも加速し,流れるに流れ,息つく暇もないかのように変化しました。
安部政権が2007年の参議院選挙で大敗。その後,自民党政治が2009年を境目に終わったのです。これで社会の変革が進むのか?少しの期待がこみ上げてきたのもつかの間でした。それは,2010年に菅政権が発足してから見事に裏切られたのです。



私は,2010年の菅政権が発足して日本の政治のある展開期にくると予想しました。それは決してよい方向ではなく「暗黒時代」の始まりだったと言ってよいでしょう。「脱小沢」という政治家個人の官僚による攻撃。それに乗せられる政治家・政党・マスメディア・世論が「異常」に感じられたのです。

2011年3月11日。

それは予期しない方向からこの国の転換期が訪れたと言ってよいでしょう!

「東日本大震災」「福島第一原子力発電所」の事故。「御用学者」に「メディア」の反則的な言説。そして,被曝を見過ごし住民の避難指示を分かっていながら見殺しにした菅政権の国家的犯罪。言葉に表すことが出来ないほどの混乱と,この国の有様は「激動の時代」というより「天変地異」が地で起こり「人災」をばら撒いていく地獄絵そのものでした。

今日,このブログを5年ぶりに書いているのですが,ブログ再開をどうするか随分悩みました。それほど,言語に表すことが困難な情勢であったことは間違いないのです。今後,このブログを書くかどうかは分かりません。しかし,今「ツイッター」を9月10日頃から始めました。理由は簡単です「情報源の収集」です。


以下に,私のツイッターアカウントを記載しますので,フォローあればよろしくお願いします。現在は「反原発」にほぼ特化しています。


メロッツォ・ダ・フォルリ
@melozzodaforli
[PR]
by rosso_fiolencino | 2011-10-08 18:31 | 政治・時事
<< なぜ警告を続けるのか・京大原子... 教育基本法を今こそ堅持し教育の... >>