野次の一言でも飛ばしたい・自民立党50年大会
11月22日、自民党は結党から50周年記念大会を、東京都内のホテルにて開催した模様です。この中で、小泉総裁は「世界の変化に対応しうる改革を、平和のうちに進めることが政権政党の責務だ」と述べ、改革実行の推進を改めて強調した形になりました。

もっとも、この「独裁者」は50周年目の節目で、自己の改革路線が先の選挙にて、圧倒的な支持を受けたと「自画自賛」さらに、行財政改革にて「小さな政府」つまり、公共サーヴィスを切り捨て、政府は国民に何ら、寄与せず中央政権の指示に従えとばかりの皮肉な「施政方針演説」であると思います。



かつて、自民党は旧社会党の左右両派の統一に、対抗する形で、1955年11月15日の結党大会で「自由民主党」を結成し、1993年8月の細川政権の10ヶ月の「空白」を除いて一党独裁政権を、打ちたてた過去からの経緯があります。

この大会では先の「自民党憲法草案」における「新憲法設定」と、それとセットで、「教育基本法」の「改悪」をアピールしました。

かつての自民党の代議士にせよ、首相にせよ、「憲法改正」に対する発言は、所々で発言されていましたが、それでも戦時中の戦乱の辛酸を舐めた、幾人かの自民党議員は「憲法改正」に慎重だったという、過去の歴史があります。

あの9.11選挙である意味、自民党の中での「抵抗勢力」のレッテルを貼り、全て「粛清」「排除」し、それを小泉首相やその「チルドレン」の議員は「これが戦国時代ならもっと、苛烈な権力闘争だろう、それに比べれば甘っちょろい」という、リスキーな発言に、私は「血なまぐささ」と「野蛮な」思考しか出来ない、この政党は明らかに過去の自民党の体質が変貌し、別の視点を変えて見れば、実に「幼稚」で「戦争の悲惨さ」を想像できない、悪い意味での、子どもじみた「戦後世代
交代の幼稚な政党」であるという印象を拭い去ることができません。

この変貌ぶりを、社会・経済状況が閉塞状況におかれた国民には、「斬新」であり、その様子に拍手喝さいを送る姿は、かつてのナチスドイツのアドルフ=ヒトラーを礼賛した「世相」に類似しているのではと、私個人はそう思います。

この結党50周年に謳われた「宣言趣旨」「新理念趣旨」「新綱領要旨」を見るに、必ずと言っていいほど、歯の浮いた「嘘八百」の理念に呆れ返るばかりです。

            「平和と自由を愛する」
            「全ての人々の尊厳と人権を尊重する」
            「環境などの改善に貢献し、地球規模の共生」
            「正義と秩序を基に正解平和を希求する」
            「世界で最も進んだ循環型社会を構築」
            「男女がともに支えあう社会」

どうですか?

これらの、ことが「実際」に彼らの元で「実現」或いは、実現されていなくても、実際の政策課題として国会・行政・司法のみならず、国民が様々なメディアを通じて、その理念を遂行すると言う意思が感じられますか?



私は、理念なき自民党の50周年大会に激しい口調で「野次を飛ばしたい」思いに駆られます。寝言も大概にせよと言わんばかりの彼らの大会ですが、さらに、甚だしい「矛盾」を感じるのは、「新綱領要旨」の項目の中の次の内容についてです。

「一人一人が普遍的規範を見につけ、家族の絆を大切に、国を愛し地域を愛し、共に支えあう強い自覚が共有できるよう努める。教育基本法を改正し、日本人に生まれたことに誇りか持てる。国際感覚が豊かな志が高い日本人を育む」

こういう理念を貫き通したいのなら、何故、「教育基本法」を改正する必要があるのか?或いは、家族の絆を大切にし、国や地域を愛し、共に支えあう自覚が共有できるのを為政者が国民に望むのであるならば、「日本国憲法」を改正する必要があるのでしょうか?

第一、この「押しつけ」の「愛国心」は国民の「思想言論の自由」を束縛し、為政者と一握りの「エリート」のみに貢献する社会を構築するという、魂胆ですが、その腹黒い今の自民党の体制を激しく「糾弾」しなければなりません。

そもそも、「国を愛する、地域を愛する」と言う感情は、自然と沸いてくるものであり、自分のふるさとを懐かしむという、「素朴な感情」こそ尊重するべきであり、決して国家から「強制」されてならないのです。

もし、憲法を「改悪」するのなら、ことごとく「言論」は統制され、今まで享受してきた国民の「権利」は全て、「剥奪」されてしまいます。世論は、先ずもってこの危機を自覚し、この小泉ファシズムとそのポスト小泉政権に「生殺与奪」の権限を決して譲り渡してはならないと、「警鐘」するべきです。


さて、この小泉チルドレンの「坊や」である杉村氏は、指し当たって「小泉ファシズム学校」の「生徒指導」である武部氏から、厳しい「お灸」をすえられたのか、その後の「軽薄」な行動は影を潜めましたが、その大会宣言を、そらんじている最中に言葉が詰まると、最後までこの宣言文に加筆した、「小泉ファシズム学校」の校長である小泉首相から、助け舟を出される有様。

小泉首相と烏合の衆の「チルドレン」と、改革ファシズムを推進する、ポスト小泉の代議士は、今後、どのような「理念なき」政治信条をつらぬく気でしょうか?


追記:この大会で、ゲストとして招かれた演出家の宮本亜門氏は、「改革に追いつけない人たちに対する想像力を働かせて欲しい」と注文をつけましたが、このムードに霞んでしまったようです。
[PR]
by rosso_fiolencino | 2005-11-25 21:26 | 政治・時事
<< 地方の財政の破綻と経済状況 在日米軍グアム移転問題・国民は... >>