ライブドア家宅捜査について
「因果応報」と申しますか、「金で何でも買える」と豪語した、あの「ライブドア」の堀江社長が、子会社の株に関する不正取引が元で家宅捜査されたことについて、今朝のニュースで緊急会見していました。

私個人は、あの堀江社長こと「ホリエモン」の人柄もさることながら、「新自由主義」の典型的な申し子と言えるあの考えに、あまり好ましからない感情を持っています。しかしながら、まさかの「家宅捜査」です。今後、まだ事態が進展する可能性がありますので、もう少し様子を見てから、この記事をまとめてみたいと思います。
[PR]
by rosso_fiolencino | 2006-01-17 17:42 | 政治・時事
<< ライブドア捜索と企業倫理 イラクから即時自衛隊の撤退の思... >>