2005年 12月 19日 ( 1 )
墨子の思想4・兼愛篇
墨子の「兼愛篇」の続編を記述します。
(原文の書き下し文は、長くなるので省略しました)

墨子先生は言った。
「我々は、他の意見に反対する以上、それに変わる『対案』を示さなければならない。もし、相手の見方に反対するだけで、それに変わるような別の見識を示さねば、それは、水を用いて水を救い、火を用いて火を救うようなものである。

そのような、論法は正しいとは言えない。
  
そこで、私は『別愛』に代えて『兼愛』を主張することにする。

『別愛』に代えて『兼愛』を主張する根拠は何故か?

More
[PR]
by rosso_fiolencino | 2005-12-19 20:21 | 諸子百家