2005年 12月 25日 ( 1 )
アメリカ産牛肉輸入再開について・その3
前回、前々回の記事から「異常プリオン」が原因とされる「肉骨粉」がBSEを招いたと記述しましたが、この「異常プリオン」とは何だったのか、皆さんは充分ご承知のことでしょうから、あえて書く必要性はないのかも知れません。ここでは私自身の、過去の記憶を振り返り、そして現在を考えていく材料として見たいと思います。

その「異常プリオン」とは、「タンパク質」が変異したもので「正常なプリオン」との違いは、その構成されている「アミノ酸」は同一でありながら、その構造に異変が生じている「タンパク質」のことです。

More
[PR]
by rosso_fiolencino | 2005-12-25 16:27 | 政治・時事