カテゴリ:政治・時事( 78 )
岩上安身さんのメールマガジンより
IWJ代表の岩上安身さんのメールマガジンより号外が届きました。拡散してよいとの趣旨ですので転載します。以下,転載。

More
[PR]
by rosso_fiolencino | 2011-11-12 17:51 | 政治・時事
日本はホロコースト国家か?野田総理TPP参加表明を断固糾弾する
奇しくも2011年11月11日はあの3.11の東日本大震災による福島第一原発事故から8か月が経過した日です。100年に一度の11が並ぶ日でありましたが,皮肉にも今日は野田総理がTPP(環太平洋戦略的経済連携協定・Trans-Pacific Partnership)の態度表明をおこなった日です。
8時より20分ほどの記者会見でしたがこの国の一大事を報道するのに,僅かな時間とほとんどのテレビがこの記者会見の様子を伝えることがありませんでした。

TPPがどれだけの「人災」であるかは「サルでもわかるTPP」に譲りまして,今回,国民の合意形成や説明もなしに半ば強引にTPP参加を表明したのは3.11のあの事故以来のショッキングで且つ,この国の根幹を揺るがす歴史的な汚点と言っても過言ではないでしょう。

More
[PR]
by rosso_fiolencino | 2011-11-11 21:57 | 政治・時事
3.11以降世界は変わった!(あれから何年経ちましたか?)
私が,このブログを止めてから早や5年の歳月が経過しました。まるでタイムスリップを経験したかのようです。それまでに「世相」の流れは何百倍速にも加速し,流れるに流れ,息つく暇もないかのように変化しました。
安部政権が2007年の参議院選挙で大敗。その後,自民党政治が2009年を境目に終わったのです。これで社会の変革が進むのか?少しの期待がこみ上げてきたのもつかの間でした。それは,2010年に菅政権が発足してから見事に裏切られたのです。

More
[PR]
by rosso_fiolencino | 2011-10-08 18:31 | 政治・時事
教育基本法を今こそ堅持し教育の格差を阻止しよう
過去5年間で,小泉政権は医療・教育・福祉・社会保障制度を切り捨て多くの国民は,気がついたら生活破壊を余儀なくされてしまったと,痛感している社会になってしまいました。

安部政権が目指す,「教育改革」の中で教育基本法の改悪を強力に推進し,それが第一の政治課題であると明言しています。今の混沌とした社会情勢の中,戦後の教育基本法の精神が今の堕落した社会を構築したのだという考えなのでしょうが,憲法と同じくこの教育基本法の精神を消化し,生かす政策がどれだけ過去とってこられたのでしょうか?

More
[PR]
by rosso_fiolencino | 2006-10-06 20:58 | 政治・時事
これから先一体どんな社会が…
随分,更新をしてきませんでしたが,ここ数ヶ月様々な事象や世の中の動きを鑑みるにこれから先の社会が泥沼化していくのに,明日への生きる力を削がれるような気分でいます。

狂想曲の中で無責任な課題を山積させたまま,あの小泉政権は終わり。その意思を引き継ぐものとして安部政権が発足しました。まだ未知数ではありますが,かなり危険な政権が誕生したものです。

More
[PR]
by rosso_fiolencino | 2006-10-05 18:20 | 政治・時事
憲法記念日
先日、祖父の死去という事柄もあって親戚一同が亡き祖父の家に帰省する機会もなくなるだろうと思い、気の合った親戚の自宅に母と妻子を連れ久しぶりに列車の旅にでました。5月3日~5日までの間、「心の洗濯」をしてきた後、改めて、5月3日は「憲法記念日」であったのだと、戦後61年目のこの年の日を考えてみました。

新聞の識者の「憲法」に関するコラム欄が、ここ1~2年の間盛んに書き立てられていますが、やや下世話な表現をすれば、「右左翼中道」の意見を「公平」に述べているぞ。といった感があります。

More
[PR]
by rosso_fiolencino | 2006-05-06 09:23 | 政治・時事
教育の危機!教育基本法改悪を断固阻止!
政府は昨日28日、教育基本法の改正案を閣議決定しました。戦後60年この国の教育の原点と精神が破壊されようとしています。いわゆる、「教育の憲法」と位置づけられたこの基本法は、今までの教育の機会均等保障、民主主義、政治的中立を謳ったものですから、「この国の公の概念や現在の教育現場の崩壊は、この法律の改正をすれば解決できる」等という、安易な論調が新聞の記事に仕立て上げられているようです。

More
[PR]
by rosso_fiolencino | 2006-04-29 10:58 | 政治・時事
武部幹事長二男メール疑惑を徹底追及できなかった民主党
皇室問題、耐震偽装問題による安部氏関与問題、BSE問題、防衛施設庁談合問題、そして堀江氏逮捕によって打ち出された、「武部幹事長二男メール疑惑」と続き、ここまで小泉政権包囲網が出来たのにもかかわらず、民主党の永田議員がメール疑惑の裏を取れずに辞職の意向を固めたようです。全くのところほぞをかむ様な思いでこのニュースの流れを見て来ましたが、問題点は2つ考えられるようです。

More
[PR]
by rosso_fiolencino | 2006-02-25 09:57 | 政治・時事
Under the Sunの取り組みに敬意を表します。
私は、この「格差社会」に激しい憤りを感じています。富めるもの、その日の生活費すらままならない世帯の方々のことを思うと、この「格差社会」を何としても是正するべきです。そんな中、Under the Sunというトラックバックセンターなるものが発足しており、ますます発展することを祈っています。

その取り組みに敬意を表してバナーを貼らせて下さい。

明るい未来へのビジョンのために、そして、「勝ち組・負け組」などという造語を破壊するためにも!






[PR]
by rosso_fiolencino | 2006-02-21 18:08 | 政治・時事
子どもの権利条約を知ろう
閉塞した社会は、様々なストレスを抱え込んだ人々を生み、そのストレスのはけ口の負の側面に向けられた結果、今、こどもが痛ましい事件に遭遇する時代となりました。以前、私は国や自治体はこどもを総力をあげて守れと書きましたが、政府や文科省は「こどもの権利条約」を国連で採択したのにもかかわらず、青少年犯罪の増加を理由に、積極的にこれを活用しようとはしません。

今、この社会で何が起きて、また未来に何を残していくのかという明確なビジョンが見えてこないのです。ユニセフは世界で人権侵害に遭うこどもを守るため、以下のような条約を作りました。ただ、難しい条文を載せるよりも、こどもたちにも分かりやすいものを転載してみたいと思います。

長いですが、「備忘録」のため載せてみました。

More
[PR]
by rosso_fiolencino | 2006-02-20 18:28 | 政治・時事